スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

去勢・避妊手術をお考えの皆様へ-縫合糸の確認を是非してください-

あいかわらずドッグフードについて調べ物をしているワタシです。

その最中、さきほど、「去勢手術→縫合糸反応性肉芽腫」をおこしたブログに辿り着きました。



非常に驚きました。

怒り心頭ですよーー! 


縫合糸のアレルギーである「縫合糸肉芽腫」「無菌性脂肪織炎」の当ブログは コチラ



1歳のチワワ君が去勢手術を受けたのは2009年だから昨年です。

昨年の10月。

縫合糸のアレルギー症状が現れたのが今年2010年の1月。

術後3ヵ月後のことです。

一番アレルギーが出やすいといわれている「絹糸」で体内を縫っていました!!



学会でも危険性を取り上げています。

動物病院に置かれている無料配布の冊子にも特集で載っています。

高度医療を施す獣医さんは飼い主さん向けにネットでも発信をしています。

もうね、信じられません!



チワワ君を執刀した獣医は(敬称はつけません)無知か作為かは分かりませんが、

どちらのケースであっても獣医の意識が低すぎます。

見識を疑います。




もうひとつ驚いたのですが、

チワワ君の「しこり」の原因が2名の獣医は知りませんでした!

※最初に行った病院の獣医は方々の獣医に聞いたけど誰も解らなかったとか。(?_?)

3ヶ月前に去勢を受けたと聞いても

「原因不明」「ソケイヘルニア」と誤診しました。

3番目の獣医さんが(敬称あり)やっと

「去勢時の縫合糸に反応したアレルギー」と正しい診断を下しました。


現在は再手術で絹糸を取り除きアレルギーの出にくい糸で縫合し直し、

3ヶ月経った現在は元気だそうです。(*^_^*)

しかし、一度アレルギーを起こしているので、

素材の違う糸でもアレルギー反応が出てしまうこともあると言われたそうです。

炎症を繰り返して薬が切れてない仔もいますので油断は大敵ですね。



縫合のアレルギーで私のブログを訪ねてくださる方が多いのですが、

ワードを見ると胸が痛むんです。

不安の中にいらっしゃる飼い主さんとワンコさんを思うと悲しくなります。



お願いなのですが・・・


去勢・避妊手術を受ける際には縫合糸の確認を是非取っていただきたいのです

現在は去勢手術に糸を用いずに出来るようになりました。(病院によって異なりますが)


下書きに入ったままになっていたのですが、こういう機械です。

(血管閉鎖)

ベッセルシーリングシステム リガシュア の特徴

ligasure.jpg  

kikai.jpg 

aicon_135.gif 特殊な電気によって素早く、確実に血管を閉鎖する装置です。
 
designed byさごり








サージレックスエンシールシステムの特徴

pic_surgrx.jpg 

pic_surgrx2.jpg 

b-cube1j.gif 外科的手術における血管を含むさまざまな組織の融合閉鎖・切離を同時に行うことができるバイポーラ電気手術システムです。

b-cube1j.gif 体内に残す糸を最小限にすることができ、また手術時間も短縮できることから、動物の負担を減らす事ができます。(北千里どうぶつ病院)

b-cube1j.gif脂肪が邪魔をして難しかった太った仔の手術も安全で確実に出来るようになりました。

designed byさごり

◆南大沢どうぶつ病院
http://www.mo-ah.com/policy/surgrx.html

※もう1つ同類の機械があります。


避妊手術は体内を縫合しなくてはならず全く糸を使わないのは無理と聞きます。

必ず獣医さんとアレルギーの出にくい糸をお願いしてください。



それと・・・

さきほど絹糸を使われたチワワちゃんを知ったので、血管閉鎖の最新情報を調べずに書いています。

画像は昨年末のものです。(下書き)

新情報があるかもしれませんので、調べてみてくださいね。

知らない事は怖いことです。

後悔だけはしてほしくないので長々と書きました。

スポンサーサイト
  1. 縫合糸肉芽腫・CRP検査・消化器型リンパ腫
  2. [ edit ]

犬CRP測定用スライド リリース間近!/手軽に検査が可能に☆

縫合糸による縫合糸肉芽腫をご自身のブログで発信なさったポコ先生の記事より転載です。

その縫合糸肉芽腫の記事はコチラ→絹糸の使用はもはや"罪"か
他病院の(獣医さんのつぶやき)のばんばん先生発信→無菌性脂肪織炎(縫合糸反応性肉芽腫)

CRP検査は体内の炎症(縫合糸肉芽腫の炎症も)が分かり、

経過を観察する意味でも非常に有用な検査方法なのです。

CRPについての当ブログの記事はコチラ


では、以下転載になります。

C18.gif




転載元:どうぶつ病院診療日記 さん


早くこいこいCRP  2010・6・1 


今年、獣医師の中でひとつ話題になっている診断機器の話で、
CRPというものがあります。




これは、炎症性蛋白と言う、炎症が起こった時に高くなって来る蛋白の数値を計るものです。
白血球よりも、体内の炎症反応をしっかりと表してくれますので、
炎症性疾患の診断にはとても重要な項目です。




今までは獣医療で使えるCRPというのは、
数十万円の機械しかなく、なかなか大きくもない動物病院にとっては、
手が出しにくい機器でした
(その機器は、犬のCRPを計る専用の機械です)。




人間の方では、ドライケムという生化学の項目を計る機械に、
CRPのスライドを差し込むだけで、手軽に検査できるのですが、
人間は人間用のCRPスライド、犬は犬用のCRPスライドであるらしく、
人間用のスライドを使って検査しようとしても、
検査する事が出来ません。




以前ドライケムの会社のHPを見た時に、
「CRP測定用スライド」とあるのを見て、
驚き勇んで思わず注文しそうになったのですが、
話を聞いてみると動物では使えないという事で、
悔しい思いをした事があります。




メーカーの話では、
「試薬とスライドが犬用のものが出れば使えるようになる」
ということだったのですが、それがいつかと尋ねたところ、
「いずれ出そうと思っているけれども、まだ未定」
ということで、これまた悔しい思いでした。




それが、ようやく今年には試薬とスライドが完成したのか、
そろそろリリースされるという話です。




CRPは需要も高いため、出れば売れると思います
(人間用に比べれば、市場ははるかに小さいのでしょうけれども)。





原段階で犬用のCRP専用機器を製造している会社に取っては大打撃かもしれないのですが、
首を長くして待っていたものとしては、
スライドと試薬をそろえれば今の機器でそのまま使えると言うのは、
やはりそれだけの魅力ではあります。




CRPが高いだけでは、それだけで確定診断を付けられない事も多いのですが、
炎症性疾患かどうか、それが分かれ目、
ということもしばしばありますので、
早くリリースされないか、もう少し首を長くして待っていようと思います。




※動物と飼い主さんの設定と描写には、修正を加えています。
 傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。


  1. 縫合糸肉芽腫・CRP検査・消化器型リンパ腫
  2. [ edit ]

臨床病理学:多様な疾患における犬のC反応性蛋白濃度

 

 

疾患時の犬のCRP 濃度測定の有用性を検討するため,

 

さまざまな疾患を持つ928 頭の


犬のCRP 濃度をレーザーネフェロメトリー法によって測定し,

 

その他の臨床病理学的パラメーターと比較した.

 

さまざまな炎症性疾患においてCRP 濃度の上昇が認められたが,

 

中でも腫瘍性疾患と免疫介在性疾患で上昇症例が多く認められた・・・・

 

 

この続きはやじるしコチラからご覧ください。

 

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/03_Journal/abstract-j/70-02j.pdf

 

(冒頭記事は引用させていただきました)

 


  1. 縫合糸肉芽腫・CRP検査・消化器型リンパ腫
  2. [ edit ]

イヌCRP 数値の見方

◆レポートhttp://fhs4.ivp.co.jp/sam/asp/bbs_txt_det.asp?id=258より

 

CRPとは、炎症や組織破壊がおこると、

6時間頃より急激に増加し、24時間くらいで最高値を示します。

改善すると5~7時間でCRPは減少するので、

(1)炎症の有無、

(2)炎症の程度、

(3)治療中の効果の

判定に非常に有効でしょう。

 

        

0~1mg/dl

 jumee☆arrow4b  正常値(小数点第2位まで測定) 

 

1~5mg/dl

 jumee☆arrow4b  軽度の炎症あり

 5~10mg/dl

 jumee☆arrow4b  中程度の炎症あり

10mg以上

 jumee☆arrow4b  重度の炎症あり

 

 b-cube1j.gif  20mg/dlまで測定可能


b-cube1j.gif 歯が綺麗で、皮膚疾患もない健康な犬では0.05以下の数値を示します。

 

b-cube1j.gif 重度の皮膚疾患あっても皮膚の炎症では、4以上を示さないのがほとんどなのでそれ以上高い場合は通常、他に原因があります。


 

 


  1. 縫合糸肉芽腫・CRP検査・消化器型リンパ腫
  2. [ edit ]

縫合糸肉芽腫とイヌCRP検査

ワンワンわんわん文字アリ



ご訪問ありがとうございます。 
病気の検索キーワードで来られた方が多いことに胸を痛めております。


「縫合糸肉芽腫」「リンパ腫」「ミニチュアダックスリンパ腫」


ブログを立ち上げた時に最初に書いた記事です。
PCの向こう側におられる飼い主さま、大切な愛犬さんを思うと非常に胸が痛くて悲しくなります。
ちょっと夜更かししてでも書きたいことがあってキーボードを叩いていますが、犬・猫(動物)の具合が悪いと身を切られるほどのつらさがありますね。




ご存知かもしれませんが・・・
記事のアップ時に書き忘れたのですが、縫合糸肉芽腫の不安をお持ちでしたら「イヌCRP検査」を是非!受けてくださいっ!
イヌCRP」は肝臓で合成される血清タンパクの一種で、炎症や組織破壊が起こると、24時間以内に血液中に増加する蛋白質です。 細菌感染や急性炎症などがあるとその濃度が上昇します。よって、生体内で起きている炎症の程度を知ることが出来るので、縫合糸肉芽腫には不可欠な検査になります。さらに、CRP濃度によって炎症の程度が分かるので、経過を観察する意味でも非常に有用です。



inst05.jpg   
     昨年私の愛犬はこの機械にお世話になりました。
     病院に設置がなく外注でしたが4~5日もしないで結果が出ました。
     (正常でした^^) 2千円前後でした。







私がCRPを知ったのはお友達のきょんさんのブログ「~ボクの足跡~」でした。
こんな形で迎えた07年」の記事にイヌCRP検査の事が書かれています。 是非読んでいただきたいです。 f-04.gif




私のお友達のワンコさんたちは適切な治療を受けられ、現在、正常な数値を保っており、投薬なしでとても元気に毎日を過ごしています。(大嬉)   そのお友達のお友達ワンコさんも投薬なしだし、また別のワンコさんは数値もOKになり減薬で元気です。(ブログを拝見していますので楽しそうな日常が伝わってきます^^)



すっかり忘れていましたが、昨年の今頃の私は愛犬の分泌物に「縫合糸肉芽腫かも!?」と大きな不安を抱え、行った先の獣医の放言・診療にとまどい、病院のはしごをしてました! 
 ※ゆずはワイヤ(金属)で体内を縫合しています。体内に異物があります。
 ※ワイヤは異物反応を起こしにくいといわれています。

全部で4つの病院を渡ったのですが^^; 3軒目の東京の有名な病院では大手術の予約までしていました。   そうでした。 本当に1年前の私(家族)は8月5日の手術の決断に大揺れでした。


結局、4軒目のY先生の確かな診療と適切なご意見に我が家は救われたのでした。
不要な大手術を回避できたのです。
それまでに服用した数種の抗生剤は意味を持たなかったし、獣医さんの力量の差を痛感しました。
Y先生に出会えた事が大幸運でした。(きょんさん、紹介してくださってありがと♪)

その時の恐怖や(毎日死んじゃうかもって考えてました)不安・葛藤はよく覚えています。
だから検索で「それら」の文字をみると人事じゃなくて・・・。 (涙)

深い悲しみの中、ととままさんが発信してくださり、今では沢山の方に認識されてきています。
感謝致します。
現在、学会等でも発表されていますし、フリーペーパーの冊子でも特集しています。
そして、何より!適切な治療と二人三脚(家族)の頑張りで、病気をしてた事を忘れちゃうくらい元気で日々を送ってるワンコさんがいっぱいです。  だから不安に押しつぶされないでくださいね。 

 

「若齢ミニチュアダックス消化器型リンパ腫」 も情報はまだ少ないのですが、情報を得ましたら拙い文章ですが随時アップしょうと思います。
ワンコさんが元気で幸せでいることを強く祈って・・・・。




ワンワンわんわん文字アリ





  1. 縫合糸肉芽腫・CRP検査・消化器型リンパ腫
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


検索フォーム

素敵な素材をお借りしています

141.gif  sozaiya405_9-ani.gif  5thbana2_x.gif 素材生活

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。