20071220170113.jpg 
膀胱炎になる前にも愛犬に異変がありました


 記録として細かい記載もありますがご勘弁を。



膀胱炎は翌日には治り、投薬期間も終わり完治です。
けど・・・けど・・・・
膀胱炎は治ったんだけど、愛犬のメンタルが悪化しました。


歯科にも確かな腕の病院に掛かったのは計6回で、
いずれも長い待ち時間や長時間の預かりです。


・5/28(初診)
・6/10(術前検査9~18時預かり)
・6/11(予期せぬ事:緊急で目を診てもらう)
・6/24(手術日9~17時預かり)
・7/2(術後検診)
・7/8(術後検診2→膀胱炎発症)


本当は翌週にもう1回診せてと言われていて予定にはしていたのですが、
膀胱炎にもなってしまい、愛犬の体がストレスで悲鳴をあげてると判断し連れて行ってません。
(連絡も入れてない)
毎回の自宅を出発直後からの震え&元気だからこその不安・・・・。
初めての病院・知らない先生・大勢のスタッフさん達の中で常に緊張と恐怖の時間を過ごした愛犬。


実は、術前検査の6/10、9時間ぶりに再会した愛犬は見るからに元気がありませんでした。
帰宅してもぐったりしてて。
息子が帰宅するなり愛犬を見て「目の下にクマがあるみたい」って言いました。
幸いにも元気がないなりにも夕飯は完食しました。


翌朝も疲れが残ってるようで横たわりネンネしてる時間が長く、
夕方起きだした時には愛犬の両目がおかしくなっていて怖くなりました。
なんで?なんで?


とにかく白い部分の充血が酷い。真っ赤かでうつろな目。
眩しいものを見るかのように瞼が半分くらいしか開きません。
初めてみる愛犬の顔つきが異常な状態を訴えていて更に不安を大きくしました。


病院に電話をし、昨日の検査と関係があるのか確認を取ると目は何もしてないと言います。
初めて見る愛犬の様子にとても様子見なんてできる状態じゃないし、
着くころには17時過ぎという事で時間外診療で5千円加算らしいが
掛りつけ医は日曜は午前で終了しています。


着くもしばらく待つ。
呼ばれ、目の検査をすることに。
息子が言った「クマがあるみたい」
先生もそれを指摘しました。
人間でいうクマが本当に目の下に左右にあったんです。


・結膜炎→異常なし
・角膜炎→異常なし
・眼圧の検査→緑内障等異常なし。
 目はまったく問題無く、あと考えられるのは「歯」だと。


でも昨日は歯をいじってないし、急はおかしいというので歯は却下。
そこで聞いてみました。
「ストレスは考えられますか?」と。
即答で「無い」をいただきました。(予想通り)


あと考えられるのがアレルギー(食べた物)となるので、
「アレルギーになると抗ヒスタミンが増える。抗ヒスタミンの注射をして
(歯の場合の対処として)抗生剤を飲ます」・・・・なる処置を提示されました。


私達には受け入れがたく「様子を見ます」と拒否をしました。
安易に注射や投薬はしたくないのです。


検査だけして帰宅しました。
翌日の午前中には尻尾の振りにも勢いを感じれるようになりました。
夕方までほとんど寝ていましたが、へそ天寝をするようになってました。
21時過ぎに疲労が取れてきたのか元気になってきました。


目の診察の時、
「お預かりしてる間、ずっとおとなしかったですよ」と先生。
そうなんです。
掛りつけ医のトリミングに出してた時に、聞かなくてもいつも言われてたんです。
「おとなしくて、すごくやりやすかったです」って。


内弁慶なんです。
いつ迎えに来てくれるの~と不安と恐怖と闘いストレスを内に内にと溜めてしまったんだろうな。
必要な手術・検査ではあったのだけど胸の痛みは今もとれないのです。

2017.07.21 | 犬の病気 |
 20071220170113.jpg 
ストレスから出血を伴う膀胱炎に 2







膀胱炎の方は、出血も見られず、通常の間隔・排尿量に落ち着いています。


昨日は注射をチクンとお薬が1種類出ています。
何も検出されてないので本来ならそれらの処置は不要だと言いました。
だが愛犬は血尿を出し、
朝8時の尿に+3の出血が見られたので治療(膀胱の)が必要とのこと。



なぜ膀胱炎で出血をするのか・・・・・。
先生が説明してくれました。



愛犬は何も検出されてないので菌が原因での出血とは別かもしれませんが
仕組みは同じなのかな?
検索すると、【膀胱内の粘膜は非常に柔らかいものです】とあります。



   膀胱内には尿が無い。
     無いけど尿意を感じる。
     なので排尿をしょうと膀胱を絞る。
     膀胱を絞ることで内部を痛めてしまう為・・・・と。



水分摂取を心がけ
1週間薬を飲んで何事もなくすめば完治です。



ストレス性。
膀胱炎になった午前中、愛犬は県内の歯科で有名な病院に居ました。
家を出るとまもなく愛犬はブルブル震えだしました。
こちらの病院は土日ゆえでしょうか?激混みです。
当日はそれでも空いてる方でしたが、2時間強院内で待ちました。
担当医だったら指名が入っててまだ診るまで時間が掛かりますが
どうなさいますか?と聞かれたので他の先生でOKですと答えました。



予定では最後の診察になると思っていたので、担当医でもよかったのですが、
愛犬のフケがストレスを受けているコトをおしえてくれてて
少しでも早く病院をあとにしたかったのです。



院内で申し訳ないですがフケを払ってました。(端席でそのソファはウチラだけでした)
フケはA4のプリント用紙を持っていたのでそちらに落としました。
払っても払っても浮き出てくるフケ。
11歳7か月の愛犬の異常に湧き出るフケを見たのは2度目です。
相当なストレスだとそれだけで解りました。



鍼灸の先生に言われた
「若い内はストレスを受けてもストレスを跳ね返すチカラがあるけど
シニアになるとストレスは体のダメージになる」の言葉を今回の歯科治療で
知ることとなりました。



6/10(土)
術前検査で9時頃病院へ。
しばらくして愛犬はお預かりで私たちと離れ離れに。
お迎えは17時に・・・と言われ行くも、
実際に愛犬と顔を合わせたのは1時間遅く、18時です。
とにかく混むんです。



愛犬は抱っこされて来ましたが、表情が尻尾が物語っていました。
再会の喜びよりショックを受けてると瞬間に分かりました。感じました。
ごめんね・・・・・。
愛犬に相当なストレスがかかっていた・・・と意識した日です。



予期せぬことで翌日もまたそこの病院に行くことになります。
あぁ・・・・。
いつもの愛犬に戻るまで数日掛りました。







2017.07.10 | 犬の病気 | Comment:0
 20071220170113.jpg 
ストレスから出血を伴う膀胱炎に 1





愛犬が膀胱炎になりました。
たしか・・・ストルバイト結晶の膀胱炎になったのは3歳頃かとおもうのだけど(記録帳で未確認)
今回は何も検出されずの出血(+3)のみを伴う膀胱炎を発症しました。


昨晩 8日(土)のPM21:40頃です。
血が点々と床に落ちてるのを発見した息子。
私を呼ぶ感じで何かあったなと思いました。


尿が少し。
そこに血が混じってるのもあった。


歯の抜糸をしたのは6/24。
術前検査で血液検査をした際、すべての項目で異常なし。
昨年の秋での血液検査も同様にすべての項目異常なし。
※検査は別病院のため検査機関は異なる


それを踏まえて、膀胱炎だと思いました。
それにしても、床を拭く回数が多いのだけど
幸いなことに本犬は痛みが無いようで。
それは安堵でした。


日付が変わった深夜0:00過ぎは
トイレ場所に行く、戻る、数歩歩いてまたトイレに戻るの間隔がどんどん短くなります。
カットしたての爪の音がトイレを出たり入ったりを教えてくれます。


床に爪が当たる音が静寂な部屋に響くのです。
シンドイだろうなと可哀想。
私も膀胱炎の経験あるので分かる。
早く治してあげたい。
早く9時にならないかな。


この膀胱炎、私達家族は「ストレス性」だと思ってました。
実際あるんですね。
ストレスから膀胱炎になる・・・は知りませんでした。
今の住居に越してきて先に入居したお隣の方にどこの病院に行ってるのか聞いてみました。


その時、愛猫君が引っ越しのストレスで膀胱炎になっちゃったと聞きました。
なかなか治らないんだも言ってました。
へぇーーそういうのも(ストレス要因)あるんだと犬飼い3か月の私には新情報でした。


ストレスであることを疑わなかったのは、
抜糸をした歯科で有名な動物病院に午前中に出掛けたからです。
ストレスの怖さを感じたのは6/10が初めてでした。
心身に影響を与える・・・を愛犬は教えてくれました。
2017.07.09 | 犬の病気 |
 20071220170113.jpg 
中医療の見解

今日は愛犬&夫&息子の施術日。


愛犬の状態を説明するには私が一番とのことで4人で鍼灸院に行ってきました。


獣医さんですがヒトの鍼灸や整体もなさいます。


 


 


面白い!


東洋医学はこれだから面白い!


ますます興味増し。


有り難い。


東洋医学と出会えて幸せです。


勉強しないと・・・・・と感じて帰ってきました。


 


 


まずは愛犬から。


昨年12月が最後なので4か月ぶりの鍼灸です。


12月に「咳」で相談をしています。


2月中旬に「逆くしゃみ」が出始めた事は先生は知らないので伝え


今回の大きな問題である(もう心配でね)


「くしゃみ」と「粘液性のつよい鼻水」を主訴しました。


 


 


最悪時のくしゃみは出ると10連続はしてました。


くしゃみで床に鼻をぶつけソクシしてしまったダックスくんのブログを数年前に読んだことがあり


愛犬は短足中の短足なので床や敷物に当たる時があるんです。


なので怖くて違う意味でも不安になってしまうのです。


 


 


咳は今回も喉を触診し声漏れ。


12月の見解と変わらず。


「大根はちみつあげてる?」


はちみつだけなら舐めるが大根はちみつは食べないと伝えるとソレでは意味がないそうで。


大根を要摂取と。


 


 


肝心の「くしゃみと鼻水」の原因ですが、


掛かりつけ医(西洋医学)が最初、「歯槽膿漏が原因かも」


鼻水を拭きながら「粘液性の鼻水が出てるでしょ」


通常はサラサラしてると。


 


 


抗生剤を飲んで効けば原因は歯槽膿漏ということで


1週間分飲み再診がちょうど1週間前の土曜日でした。


抗生剤を飲んでもくしゃみと咳は変わらず歯ではないとなりました。


聴診器をあて「肺はキレイだから風邪でもない」となり、


原因があるとすれば1つだけ心当たりがあったので、それも有りえると投薬も無く終わりました。


 


 


で今日。鍼灸の先生は


「歯を見せてね」と愛犬に声を掛けチェック。


「歯は問題ないよ」


脈診。(だけだったかな?)


 


 


結果、「肺の熱」と言われました。


くしゃみと鼻水は肺が熱を持っているため。


 


 


その熱を取るのは大根だから


大根おろしにしらすを入れたのを食べさせてと。


大根おろしを食べなくても大根を与えてと。


 


 


もしや副鼻腔炎なのでは?と疑ったので別の名、鼻の蓄膿症のことを聞いてみました。


愛犬の状態が進んだら副鼻腔炎(蓄膿症)になるそうです。


その場合は漢方薬でと。


今回は未病だったのですね。


 


 


面白いのが西洋医学では聴診に異常がなく肺がキレイ。


異常なし。投薬なし。


 


 


東洋医学では肺が熱を持っている。


ゆえに鼻の症状として現れた。


投薬なし。熱を取る大根を積極的に摂取しましょう~。


 


 


副鼻腔炎に移行しない様に務めてあげないと・・・・。


 


 


 


もう1つ東洋医学が面白いなと思ったのは夫の施術を見て。


長くなったので別記事で書きたいと思います。


 


 


     


 


 


 


 


 

2017.04.23 | 犬の病気 | Comment:0
 20071220170113.jpg 
くしゃみと鼻水

昨年12月。


尊敬してやまないゴットハンド先生が愛犬の脈や体を触診しながら


 


「いくつだっけ? 11歳? 若いね~


 6-7歳 (の健康体) だよ」と言いました。


これは椎間板ヘルニアが治ってもメンテナンスを受けているお蔭です!!


鍼灸を受けると愛犬の顔つきがいいんです。


活力を感じるんです。


目もキラキラしてます。


 


 


今年4月8日。


くしゃみが連続に出るようになったので掛かりつけ医に行くと


口内を見て歯槽膿漏からかもしれない。


ティッシュについた鼻水が粘液性なので可能性は高い。


抗生剤を1週間分出します。


効けば歯槽膿漏が原因・・・・と言われました。


 


 


ワクチン接種を断って掛かりつけ医でのトリミング出禁になったのが2011年。


トリミング店も未接種は不可なので出禁以来自宅トリミングをしてますが、


9日のカット時に緊張からネバーとした鼻水が出ました。


やはり歯からなのか・・・・( TДT)


減ってるけど連続くしゃみはまだあります。


ということは歯じゃないのか・・・・(´・_・`)?


 


 


昨年12月から出始めた咳と逆くしゃみは春の訪れとともに激減しています。


ゴットハンドのおっしゃったとおり咳の原因は乾燥だと思っています。


 


 


来週の22日は鍼灸の予約日。


主人と長男と愛犬揃って施術を受けてきます。


先生に鼻水の件聞いてきてもらおう。


 


 


我が家は私以外は先生の施術を受けてます。


息子の友人の奥さん。


昨年先生を紹介して数回すでに通っているのですが、


めでたく妊娠しました♪


 


 


いろいろ体調面の不調を抱えていた奥さんですが


なんどかの流産の件も相談したそうで。


「大丈夫だよ。体質が変わるから妊娠(流産しない)できるよ」と。


お腹もかなり目立ってるようです♪


 


 


鍼灸の力を愛犬・家族を通して知るワタシでした( ´▽`)♡


 


 


 


 

2017.04.23 | 犬の病気 | Comment:0