20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
そう、そう!そうなのだよ☆





今年の4月にアップしたタイトル「左右の足の間隔 」で伝えたかった事が
ママときどき獣医師~往診専門動物病院 獣医師・鈴木綾香~の最新記事
見て触って覚えることの大切さ 」に載ってました



このワンコさんはハの字で開いていますが、
愛犬は小型犬だから?よくわかりませんが、O脚になるから
よく絡まないで歩けるな~くらい間隔が狭くなりました。
画像があるといいのだけど。
(格安スマホ検討中 



2014年に観察力がわりとある長男が「普段より間隔が狭いね」と指摘したのが最初でした。
なんの知識も持ってなかったので、そぉ?程度でその意味を解してませんでした。



その数日後の夜にキャン鳴きがあって、
その翌日の午前にフラフラし出し歩き方がおかしくなり、
急いで掛りつけ医に行くと、椎間板ヘルニアと診断されました。
掛りつけ医→鍼灸院へ移行。



image1.jpg




後日、息子 「足の間隔が開いたね」の言葉の裏付け。
当ブログより




     先生が昔監修された本をひっさびさに引っ張り出して読んで見たら

    腰痛の時の足の位置が載ってて。

    痛い時はO脚になってるそうです。






お灸を使ってわんちゃんの病気予防! ~よくわかる図解付き~
     https://wanchan.jp/osusume/detail/3420



           によるペットお灸~グッズの使い方~  






棒灸で よもぎ効果を得るのは魅力ですが、
温める目的なら購入しやすい小豆を利用するのもいいですね。



小豆(あずき)カイロの作り方!冷えや肩こりにも効果アリ?
      http://mrs.living.jp/k_life/article/2169291




【縫わない小豆カイロ】の作り方 「450円で出来た!」
     http://kireinomi.com/azukikairo







鈴木先生のブログに小豆によって(大きさ等)保温できる時間がだいぶ違うようです。
ご参考までに・・・・。
http://ameblo.jp/fukuokavet/entry-12123341925.html



スポンサーサイト
 20071220170113.jpg 
左右の足の間隔


先生が昔監修された本をひっさびさに引っ張り出して読んで見たら


腰痛の時の足の位置が載ってて。


痛い時はO脚になってるそうです。


愛犬・・・・ドンピシャでした


 


 


実は、愛犬の歩いてる後ろ姿を見てこんなに左右の足幅狭かったっけ?と感じてて。


大袈裟に言ってしまうと足が絡まないで上手に歩くなって。


そんな風に見てました。


 


 


夜遅くなってタイミングよく起き出したので愛犬の歩き方を後ろから観察しました。


あーーーー しっかり隙間があるぅぅぅぅぅぅーーーー


全然違う


 


 


状況分かりづらいかな?


左足←←←→→→右足 と間があるのが通常なら


左足⇔右足と狭かったのです。


 


 


それが鍼灸の施術を受けたその日に


左足⇔右足だったのが


左足←←←→→→右足になってました


今朝もです。


先生が体触った時「反応」おこしたもんね。


腰に痛みがあったんだぁ(涙)


気付いてもあげず可哀想な事をしました。


 


 


今日は温灸器(棒灸用)を買おうと決めていて、購入してきました。


これでみんなで体を温めて健康を維持していきたいと思います。


ツボの勉強もしなくては。


 


 


愛猫のおぼっちゃま君。


キミはおとなしくお灸させてくれるかな?


ビビリっこだから「腎」を温めたいな。


 



 

 20071220170113.jpg 
けがしたフクロウ、はり治療で飛べるまで回復 スペイン


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000040-jij_afp-int

  



 【AFP=時事】スペイン・マドリード(Madrid)の保護施設で、
誤って工場の排気管に飛び込んでしまい背中にけがをした
雄のコキンメフクロウが、鍼(はり)治療を受けている。


 約2か月前にマドリード西部の公園でフクロウ保護団体
「ブリンサル(Brinzal)」が運営する施設に運び込まれたとき、
体長25センチのこの小さなフクロウは立つこともできなかったという。


 しかし、神経系を刺激する鍼治療を受けるうちに跳び歩けるようになり、
10週間が経過した今では飛ぶことも可能だそうだ。


 1989年に開設されたブリンサルの保護施設には、
毎年およそ1200羽の鳥類が運ばれ、70%が回復して自然へ戻される。
鍼治療は6年前から行っているそうだ。


 「1974年に米国で設立された国際獣医鍼灸学会
(International Veterinary Acupuncture Society)によると、
動物を対象とした鍼治療は近年、世界的に増加傾向にある」そうです。




j



副作用のない 鍼灸の素晴らしさを愛犬を通して見てきました。
デトックスで受けてるワンコさんも知ってます。
奥が深いですよ 鍼灸は。


鍼灸を受けてるワンコの画像を見る時がありますが

頭に見た範囲で13本鍼を刺されてる仔がいましたが

大丈夫なんでしょうか?


あまりに多すぎて 回路が混乱してしまうのでは?

 20071220170113.jpg 
鍼灸治療に出会えて良かった


20日(土)に2回目の鍼灸治療に行ってきました。


           


まず、驚いたのが、愛犬が診察中に 笑ったんです! 

8歳10か月の愛犬は、生まれて初めてで 笑顔 を見せました!

体の調子も良くなって、ご機嫌になったのかな?


    

           


過去1度もで 表情筋が緩んだことはありませんでした。


ブルブルブルブル震え、鼻水も垂らすだけだった仔が、


20日は、前の患犬さんの診察が終わるのを待つ間は、


鼻水は少し出ましたが、抱っこされている表情は緊張のない顔でした。











先生:「まだ痛みはあるね。(触診して)反応が良くなったね。
     前回はこういう反応しなかったでしょ」


触診すると前回と違って、腰を落とす愛犬。


2回の鍼灸治療を終えた愛犬は、すっかり元気になりました。












27日、3回目の鍼灸治療日。



愛犬、完璧に復調です!


迷惑行為(笑)も 嬉しい悲鳴です。


表情も若返って(ホント) 活き活きしてます。


鍼灸の素晴らしさを家族全員で感じ、感謝でいっぱいです。





 





まだ痛みはあると言われました。


でも、通常にある痛みなので、問題なしとのこと。


次回は、10/18に行ってきます。











 20071220170113.jpg 
椎間板ヘルニアと診断されました
  なかなか記事が書けず、 まずは簡単にご報告します。



9/5 愛犬は軽度の椎間板ヘルニア 診断 されました。

    
 

            


     注射と  ステロイドの投薬治療 を開始。(4日間通院) 
                   副反応である、水分摂取量と排尿の回数・量にかなりびっくりです!



         
          



9/10  (カリスマ医師)の鍼灸治療を受ける  

   
 
※椎間板ヘルニアは鍼灸治療の適応症です。

     
 



9/19現在: 16612.gif 1度の鍼灸治療と気功で目に生気が戻り、腰痛も消えたのでしょう。
        すっかり以前の陽気な愛犬に戻りました。


        車 で 出かけたのですが、行きはベットでおとなしく、
        抱っこ時はずっと首をもたげてて静かでした。
        首~背中が凝ったり痛みがあったんだと思います。



        16612.gif 鍼灸の治療が終わり、車内に戻ると、久しく見てなかった堀り堀り行為を始め、
        3か所をリズミカルに前肢を使って長い事やり、寝てしまいました。 
        愛犬は や  や ではぜったいに寝ないのでこれも驚きでした。



        16612.gif そして当日の夜、待望のへそ天寝。  
        帰宅直後からも、いつもの陽気な愛犬の姿が見れました! 
 





     





明日、「様子をみせてください」ということで、2度目の鍼灸を受けてきます。
先生の話は目からウロコ状態で、とても勉強になります。




愛犬さん、腰が固くないですか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。