20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
湿潤療法2 -傷・痛み消える最新治療-


linesimg2-l.gif



aicon247.gif 「さらにおよそひと月前両腕に大きなやけどを負ったこちらの女性の場合は」


DSCN2770_convert_20100821200431.jpg 


DSCN2771_convert_20100821200504.jpg 


dr.gif 「こっちはきれいになったね」

※1ヶ月前の水ぶくれの画像は痛々しくアップはしませんでした。

aicon247.gif「水ぶくれもできて焼け爛れていた腕のやけども湿潤療法施して1ヶ月あまりの通院で
     ほとんど跡もなくなりつつあるように見える」


DSCN2774_convert_20100821200644.jpg 

DSCN2775_convert_20100821200723.jpg 

aicon247.gif「さっそくその秘密を知るため この日転んで擦り傷を負ったばかりの70代の女性の
     診察を訪問。 彼女は怪我をした後 自分で傷口を消毒しガーゼを貼って処置したのだが
     傷口にガーゼが張り付き痛くて剥がせなくなっていた。慎重にガーゼを剥がした後は・・」


m_118.gif 「困ったもんですよ(苦笑)」

DSCN2778_convert_20100821200758.jpg

DSCN2779_convert_20100821200829.jpg 

aicon247.gif「この日の治療は僅かな時間で終了」

DSCN2780_convert_20100821200901.jpg 

DSCN2781_convert_20100821200935.jpg 

DSCN2782_convert_20100821201012.jpg 

aicon247.gif「夏井医師によると 怪我をしたからといって絆創膏やガーゼを安易に貼ってしまうと
     傷口を乾燥させてしまうという。乾燥するとその傷口を治そうとする細胞の成長に必要な
     滲出液が乾き傷の治りが遅くなってしまう。さらに滲出液が固まる事でできたかさぶたが
     取れたとき傷跡となって残ってしまうというのだ。」

    「この傷の治療センターがガーゼの変わりに使っているのは創傷被覆材と呼ばれるもの。
     空気を通さずなおかつ皮膚の表面の乾燥を防ぐ役割を持つ。
     つまりこの創傷被覆材が傷口の潤いを守る事で細胞を成長させる滲出液の働きを一定に保ち
     傷口の治療を促しているというのだ」

    「湿潤治療の最大の特徴は傷口を乾燥させないことなのだ。」

DSCN2789_convert_20100821201103.jpg 

DSCN2790_convert_20100821201141.jpg 

aicon247.gif「2日間の通院で70代の女性の傷口には大きな改善が見られるようになった」

DSCN2792_convert_20100821201232.jpg 

DSCN2793_convert_20100821201312.jpg 

aicon247.gif「最近ではこの湿潤療法を取り入れた今までとは違う新しいタイプの傷治療用の
     製品が次々販売されさらに注目されている」


DSCN2794_convert_20100821201345.jpg 


aicon247.gif「ただし、傷の症状によってはこの湿潤療法では効果が出ない場合もあるため
     治療の際は専門医に相談したほうがよい」

    「傷の治療の常識を覆しそうな湿潤療法。
     基本的には健康保険が適応され、現在センターには
     全国の医療機関から多くの見学者が訪れている」

DSCN2795_convert_20100821201422.jpg 


以上です。
読みにくかったらごめんなさい。

友人のミーちゃんはNO消毒で今日もお耳が快適だそうですよ


耳掻き掻きimg_1458557_63501479_4
 

スポンサーサイト
2010.08.22 | 創傷治療 |
 20071220170113.jpg 
湿潤療法1 -傷・痛み消える最新治療-

 sp_l010.gif



 

 「夏のけが」とありますが「フルシーズン」適応ですので・・念のため☆



テレビ画面をm_image8950211-2ea78.gif TV朝日さんごめんなさい^^;



sp_l010.gif 




*補足*

ご紹介する前に・・・

放映は人間の湿潤療法を取り上げていましたが、

動物にも湿潤療法を取り入れ、同様の回復結果が出ております。
 





 「ここには全国的にも珍しい傷の治療センター(専門)があります」  



*補足*

・有名な茨城県・石岡第一病院・傷の治療センター
・ドクター夏井先生のHP
・動物の外傷治療は動物病院エル・ファーロ(山本先生)





1DSCN2754_convert_20100821194912  

 























「クチコミで 他県からも多くの患者が訪れるほど評判を呼んでいる傷の治療センター。
     一体ここではどんな治療を行なっているのだろうか・・」

 























 























「その治療の名前は”湿潤療法”。  簡単に言えば、傷口を乾燥させずに
     潤いを保つことで治療していく方法だというのだが一体どんな治療法なのだろう」


dr.gif 目の下の湿潤テープを剥がし 「だいぶ色が落ち着いてきたね」


 
























 「治療に訪れていた男の子は2週間前に交通事故で顔半分に酷い傷を負ってしまった」


 























 「しかしこの傷の治療センターで湿潤療法を受けたところ2週間でここまで回復したというのだ」

 























 






















 「今 傷は痛い?」

 























笑顔を見せる男の子です。

使いこなせず間隔がうまくとれず見にくいですね。お許しを・・・▽^o^▽ ♪わん
次回の記事に続きます。
2010.08.22 | 創傷治療 |
 20071220170113.jpg 
湿潤治療について 1
linesimg2-l.gif



以前のフード記事に友人の保護猫・ミーちゃんが登場していますが、
ミーちゃんのお話から湿潤治療を記事にしたいと思います。

湿潤治療とは・・・・

ヘッダーの白いワンコ(サモエド犬)の下に「湿潤治療」(動物)のリンクがあります。
是非ご覧になってください。
人間の湿潤治療の夏井先生のHPはコチラ
過日 TV放映された夏井先生の湿潤治療のお話は「2」 でご紹介しますね。



獣医界の第一人者である山本先生(動物病院エル・ファーロさん)のHPより一部ご紹介です。


◆◆創傷治療について◆◆

傷が出来たら「消毒して乾かす」のが正しい、と思っていませんか?
実は、これは大きな間違いなのです。
日々発展する医療・獣医療ですが、
「傷の治療」だけはなぜかいまだに100年以上前の方法がまかり通っています。

http://homepage3.nifty.com/elfaro/wound.html


傷は決して消毒してはいけません。
消毒薬は「殺菌力」に勝る「組織障害性」を持っています。 
細菌感染を防ごうとして傷を一所懸命に「消毒する」と、傷はどんどん悪化します。

http://homepage3.nifty.com/elfaro/wounds/wound-3.htm




「湿潤治療」は昨年あたり?からTVで特集を組んでいますね。
ワタシも何度か観ています。


この湿潤治療は前に少年マガジンのゴッドハンド輝で読んでいて、当時半信半疑でした。
消毒してはいけない・・ってにわかに信じられなくて。



go.jpg 


これこれ!!
24巻の第178話に載っているそうです。 
  
b0178879_042440.jpg 
ごめんなさい無断で画像お借りしました。




 linesimg2-l.gif
ミーちゃんのお話に戻ります。



今年の6月に友人からミーちゃんの耳は黄色い膿でぐちゃぐちゃだと聞きました。
どろっとしていてヌチョヌチョしていて指につくと・・・(>_<)
ミーちゃんは膿が溜まると鳴くのだそうです。(涙)
首をブルブル振って気持ち悪いのだと思うと彼女。


そうなった原因ですが、
ミーちゃんは昨年10月頃に風邪をひき、くしゃみ・鼻水・鼻血が出、
左耳の保湿ぼうに菌が入ったという診断でした。
細菌感染を防ごうとして傷を一所懸命に「消毒する」と、傷はどんどん悪化します。


検査をし、治すには首の骨を削り保湿ぼうを削って掃除をする、
と言われたが、ミーちゃんの体(老猫)には麻酔は危険とのことで、
抗生剤・点耳薬・ビタミン剤 が出ましたが、
ぜんぜん効いていないということで、抗生剤は取りやめになりました。
治る見込みもなく膿は引かず悲しんでいました。
治療に骨を削る・・・って!\(◎o◎)/!コ・コワイ(過剰治療?)


耳掃除のやりすぎはよくないんだけど、耳が常にジュクジュクしているので、
彼女は毎日し、消毒液と点耳薬も日課になっていました。
そんな事が続いていて・・の今年の6月。
「消毒はNG」「湿潤治療」を彼女に話したところ、
ミーちゃんのためになるかもしれないと彼女は一切の処置を止めました。
同時にご飯は安全材料のフード会社で購入し、完全に切り替えました。


「そんなに経ってないけど、耳の掃除で消毒液と点耳薬止めたら、
耳が乾いてきたの。^^  不思議^^ 」と連絡が入りました。

彼女はその都度綿棒をメールで送ってくるんですね。(笑)
この時は"乾いた綿棒"のタイトルでした。
ご飯も完食して(ほとんど)戻さないし、 戻しても苦しくしていないと。←水に沈むフード♪
ミーちゃんの表情が穏やかになったって写真付きで喜んでいました。


.[1]
ミーちゃんは体温調節ができないので夏場でも毛布使っています。
めざましテレビでやってたよ~(保温シート)とメールしたら、購入していました。
消防署や警察署でも使用しているそうです。





今回は湿潤治療とはいえないけど、
消毒と点耳薬をしなくなっただけで膿(液)が止まりました。
8ヶ月間苦しんでいたことがたったこれだけで、「何もしない」だけで劇的に良くなったのは事実。
掛かりつけ医も驚いていたそうです。


今月初めの1~2日間耳が湿った具合になって
そのまま元に戻ってしまうのか?と心配しましたが、
その間だけで今は問題なしだそうです。
嘔吐もフードを変えた効果か?吐き戻しもなくなりました
フードで変わるんだね・・と友人。
それをワタシも経験済みなので大きくうなづきました。


先日ので、愛犬が耳をよく掻くので診てもらいました。
どこも問題ないと。
先生に「全然汚れていない。ほら奇麗だよぉ(と綿棒を見せる)」
AHTさんには「羨ましいくらい奇麗」と言われました。
耳掃除さぼってるんだけど(笑)耳たぶ?(耳のウラ)も本当に奇麗なんですよぉ。

もう「奇麗」は聞き飽きてるんですが、うれしいです。
この言葉は今のフードに切り替えてからなんで、それまでは肛門腺と耳掃除がセットでした。
ご飯(フード)&おやつにありがとう・・ですね。



チョコチョコ話がそれてますね。ごめんなさい。
TVでの紹介は次回に続きます。
最後に、湿潤治療のリンクです。
傷口の画像がでてきますので、苦手な方は少しずつ進めて読んでください☆


10wkigubtn2c.gif

獣医さんのブログ
  ・ 咬傷と治癒機転1
  ・ 咬傷と治癒機転2
  ・ 咬傷と治癒機転3

ばんえい競馬場の診療所
  ・ 成長 






 




2010.08.20 | 創傷治療 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。