20071220170113.jpg 
無麻酔での歯石除去


ときどき拝見する獣医さんのブログに
無麻酔での歯石除去実行は危ういとの記事がありました。


今まで麻酔が使えない仔や安全性を考えるとこれはいいな☆と思っていました。
でも、でも、リンクされていた↓を読んだら、


無麻酔で歯石をとる?!(小動物歯科研究会)
http://sa-dentalsociety.com/news/dental%20scaling.pdf


怖いことだったんですね!



パピー時代にスケーラーを知って早々購入していました。
現物を見たらステンレスの先端が鋭利で、
歯磨きもいやいやする愛犬には怖くて使う気になれず、
未使用のまま引き出しに納まってました。




携帯で撮りました。
これでは鋭利が伝わりにくいかな^^;








歯の話でしたので、骨ガムにも触れたくなりました。



じき6歳になる愛犬はアキレスが大好きで、
左右交互にうまいこと回し奥歯でガリガリと堪能しています。
おかげで今のところ奥歯は真っ白ですが、
犬歯?は少し黄色味が出てきました^^;
まずいですね!気をつけねば。 (といいながら歯磨き苦手なんです(汗))


 
さかい企画さんのアキレス



たしか・・・3歳くらいまでは


骨ガム(ローハイド)を与えていました。



ストレス解消と歯磨きをかねてペットショップで売っている外国産のをあげてました。
検索しても欲しい記事(危険)に当たらず、
これだいじょうぶかな・・と思いながら、嬉々とする愛犬に与えていました。



ある時、余計なお世話なんだけど・・・を読み、 即刻捨てました。 (感謝感謝!)
骨ガムのお話2も是非読んでいただけたらと思います。



愛犬はどうやら硬いものは大丈夫みたいで(今のところ^^;)
かなり硬いアキレスをカジカジしています。
しかし硬いもので破折になる場合もありますので、気をつけてみないとだめですね。



ひづめはもっと硬いのでしょうか?
ひづめで破折になる仔を何度か見ています(ブログで)。
歯科症例2 平板破折 ←処置の画像があります。少しでも苦手な方はご注意を。


犬の歯・口の病気エントリー一覧




2011.09.27 | 犬の病気 |