スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

少しだけワクチン考


400gのを保護したのが昨年の9月30日。
息子が会社の駐車場で保護したのがお昼前で、
一緒にに乗って帰ってきました。


病院に寄ってきたのですが、生後1ケ月から1ケ月半だろうと。
情が出て可愛くて仕方のない息子は子猫のパパになりました(笑)


先月です。
迷子の仔をネットで捜していたらある病院のブログにヒットし、
「猫白血病ウィルス」に罹ってしまった猫の記事が目に留まりました。
内容は、きょうだい猫も感染してるかもしれないから検査をした方がいいと
書いてあり、結果、キャリーであることが判明。
ワクチンの勧めが書いてありました。


ワクチンに不信感しかありませんが、
とたんにが心配になってしまい、息子と相談。
愛犬のワクチンは3年間受けましたが、過剰接種の意味を考え
以降、8年間接種はしていません。
ワクチンには変わりはないけど、猫を飼うのは初めて。
獣医さんに聞いてみようとなりました。


去勢手術前に説明をしたそうですが、ウチラ断ってたそうです(笑)
言われてみればそうかも(笑)


先生によると、エイズや白血病ウィルス共に治すことはできない。
ワクチンを受けるメリットは医師側にあると言いました。
例えば怪我をした場合は、陽性の場合だったら、、前もって解ってるから
注射を1本打つところを2本にして・・と対処はできる。


けれど飼い主さん側にはデメリットしかないと。
心配しながらの生活で不安をずっと抱えて暮らすことになる。
それは猫にもよくない・・・と。


いろいろ話しました。話してくれました。
「僕が見ては大丈夫だと思う。100%正確ではないけど」



その日は、の体重測定と愛犬の肛門腺や耳の洗浄などをして帰ってきました。
愛犬の過剰ワクチン接種を拒否る理由は  に。







    








 猫における白血病のウイルスに対する感染も
     ワクチン接種が引き金になっていることが多く、
     さらにこのワクチン接種が原因で
     2~3週間後に猫伝染性腹膜炎を引き起こすことさえあると言うのです。
     猫白血病ワクチンは、現在入手できる猫用のワクチンの中で最も有害だともされています。
 




上記の情報は、犬猫自然食品専門店 エンジェルハートさんhttp://www.angele-jp.com/
ワクチンについて考える から引用させていただきました。
とても重要なことが沢山書かれていますので、多くの方に読んでほしいです。



最後の「猫パルボのワクチンと慢性腎不全の発生との間に
関係があるという研究結果が報告されています
にもドキとしました。
ある動物病院のブログで心が揺らぎましたが、
それは中途半端にしか「知らない」からでした。
勉強しないと
掛かりつけ医の適切なアドバイスに救われました。



ヒトのワクチンも同様です。
怖いです。
http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12197593168.html







スポンサーサイト
  1. 過剰ワクチン接種
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


検索フォーム

素敵な素材をお借りしています

141.gif  sozaiya405_9-ani.gif  5thbana2_x.gif 素材生活

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。