20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
けがしたフクロウ、はり治療で飛べるまで回復 スペイン


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000040-jij_afp-int

  



 【AFP=時事】スペイン・マドリード(Madrid)の保護施設で、
誤って工場の排気管に飛び込んでしまい背中にけがをした
雄のコキンメフクロウが、鍼(はり)治療を受けている。


 約2か月前にマドリード西部の公園でフクロウ保護団体
「ブリンサル(Brinzal)」が運営する施設に運び込まれたとき、
体長25センチのこの小さなフクロウは立つこともできなかったという。


 しかし、神経系を刺激する鍼治療を受けるうちに跳び歩けるようになり、
10週間が経過した今では飛ぶことも可能だそうだ。


 1989年に開設されたブリンサルの保護施設には、
毎年およそ1200羽の鳥類が運ばれ、70%が回復して自然へ戻される。
鍼治療は6年前から行っているそうだ。


 「1974年に米国で設立された国際獣医鍼灸学会
(International Veterinary Acupuncture Society)によると、
動物を対象とした鍼治療は近年、世界的に増加傾向にある」そうです。




j



副作用のない 鍼灸の素晴らしさを愛犬を通して見てきました。
デトックスで受けてるワンコさんも知ってます。
奥が深いですよ 鍼灸は。


鍼灸を受けてるワンコの画像を見る時がありますが

頭に見た範囲で13本鍼を刺されてる仔がいましたが

大丈夫なんでしょうか?


あまりに多すぎて 回路が混乱してしまうのでは?

関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。