20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
ストレスから出血を伴う膀胱炎に 2







膀胱炎の方は、出血も見られず、通常の間隔・排尿量に落ち着いています。


昨日は注射をチクンとお薬が1種類出ています。
何も検出されてないので本来ならそれらの処置は不要だと言いました。
だが愛犬は血尿を出し、
朝8時の尿に+3の出血が見られたので治療(膀胱の)が必要とのこと。



なぜ膀胱炎で出血をするのか・・・・・。
先生が説明してくれました。



愛犬は何も検出されてないので菌が原因での出血とは別かもしれませんが
仕組みは同じなのかな?
検索すると、【膀胱内の粘膜は非常に柔らかいものです】とあります。



   膀胱内には尿が無い。
     無いけど尿意を感じる。
     なので排尿をしょうと膀胱を絞る。
     膀胱を絞ることで内部を痛めてしまう為・・・・と。



水分摂取を心がけ
1週間薬を飲んで何事もなくすめば完治です。



ストレス性。
膀胱炎になった午前中、愛犬は県内の歯科で有名な病院に居ました。
家を出るとまもなく愛犬はブルブル震えだしました。
こちらの病院は土日ゆえでしょうか?激混みです。
当日はそれでも空いてる方でしたが、2時間強院内で待ちました。
担当医だったら指名が入っててまだ診るまで時間が掛かりますが
どうなさいますか?と聞かれたので他の先生でOKですと答えました。



予定では最後の診察になると思っていたので、担当医でもよかったのですが、
愛犬のフケがストレスを受けているコトをおしえてくれてて
少しでも早く病院をあとにしたかったのです。



院内で申し訳ないですがフケを払ってました。(端席でそのソファはウチラだけでした)
フケはA4のプリント用紙を持っていたのでそちらに落としました。
払っても払っても浮き出てくるフケ。
11歳7か月の愛犬の異常に湧き出るフケを見たのは2度目です。
相当なストレスだとそれだけで解りました。



鍼灸の先生に言われた
「若い内はストレスを受けてもストレスを跳ね返すチカラがあるけど
シニアになるとストレスは体のダメージになる」の言葉を今回の歯科治療で
知ることとなりました。



6/10(土)
術前検査で9時頃病院へ。
しばらくして愛犬はお預かりで私たちと離れ離れに。
お迎えは17時に・・・と言われ行くも、
実際に愛犬と顔を合わせたのは1時間遅く、18時です。
とにかく混むんです。



愛犬は抱っこされて来ましたが、表情が尻尾が物語っていました。
再会の喜びよりショックを受けてると瞬間に分かりました。感じました。
ごめんね・・・・・。
愛犬に相当なストレスがかかっていた・・・と意識した日です。



予期せぬことで翌日もまたそこの病院に行くことになります。
あぁ・・・・。
いつもの愛犬に戻るまで数日掛りました。







関連記事
2017.07.10 | 犬の病気 | Comment:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。