20071220170113.jpg 
臨床病理学:多様な疾患における犬のC反応性蛋白濃度

 

 

疾患時の犬のCRP 濃度測定の有用性を検討するため,

 

さまざまな疾患を持つ928 頭の


犬のCRP 濃度をレーザーネフェロメトリー法によって測定し,

 

その他の臨床病理学的パラメーターと比較した.

 

さまざまな炎症性疾患においてCRP 濃度の上昇が認められたが,

 

中でも腫瘍性疾患と免疫介在性疾患で上昇症例が多く認められた・・・・

 

 

この続きはやじるしコチラからご覧ください。

 

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/03_Journal/abstract-j/70-02j.pdf

 

(冒頭記事は引用させていただきました)

 

関連記事