20071220170113.jpg 
命綱

 172018.gif  ノーリードの危険性

 

 0.gif

今日の記事は、なんで今書く? カンジ悪い、嫌味だね・・・・そう思われるかもしれない。

「ノーリード」について私は何度か記事を書きました。

でも文章が苦手ゆえ、なかなかアップせず、下書き保存にしていました。

今日の記事は昨年の12月に保存したものに追記しています。

下記に、新聞に投稿された記事を紹介していますが、その日時に載ったものです。

 

0.gif


反感を買うかもしれませんが^^; 今、パンチちゃんの検索で今まで以上に皆様に来ていただけてること。

友達から、彼女の友人のワンコさんがノーリードの為に悲しい出来事(事故)が起こってしまったこと。

その2点で、今、SOSを発信しよう!と思いました。

長くなりますが、最後まで読んでくださるとうれしいです。

 

パンチちゃん、無事に発見でき、パパ・ママと一緒にお家に帰れたこと、とても喜ばしかったです。

(9日間さ迷ったとは到底みえないほど、パンチちゃんの足(毛)や体毛は奇麗でしたね!不思議~)

しかし、未然に防げたことではあります。



たくさんの祝福コメントが寄せられた中、数名の方がノーリードでいたことにお叱りを書きました。

(関係者さんたちのお礼の中に、それに触れた記述がなかったため、あえて書かれたと私は受け取りました)

もちろん共に喜んでくださり、ワンコさんを思っての苦言であります。

(アドを貼らないのは炎上や嫌がらせ防止だと考えます)



とても勇気がいることだと思います。

会ったこともなくHNで交流のみの場合でも、人目を(印象が悪く変わる)気にしてしまうんじゃないかな?

小心者で人目を気にする私だからそう思うのかな~?^^;

私は今回どなたの記事にもコメントしていませんので、無事見つかったから・・といって最後に苦言を記すコメントは出来ませんのでコチラに書いています。( ̄‥ ̄a;)ぽりぽり

 

 ワンコさんのブログをランダムで読んでいる時に、ノーリードで居たが為の事例(下記の4点)を目にしました。

 

0.gif  

  

 

b-cube1g.gif  交通事故

やじるしリードは「命綱」だとつくづく感じたお話です。(涙)

先週知り、悲しみが私の胸を占めています。

詳しい事は知りませんが、私の友達の友人はダックス君をとても大事にしていました。

身内の方が「ノーリード」にしたばかりに、何台もの車に轢かれてしまう事故に遭いました。

5歳でした。

・・・・書くのはキツイですが、現実を知ってください。

何台もの車に轢かれ、ぐちゃぐちゃになって発見されました。

耳しか原型は無く、首輪で飼い犬だと判明。

あとは・・・やっぱり書けないわ(号泣)

 

0.gif

 

b-cube1g.gif トンビに連れ去られた ・・・・ とんび以外にもカラスに小型犬が狙われた話も読みました。

やじるし一時、交流のあったブロガーさんで、チワワがとんびにさらわれた記事が載りました。
ノーリードのチワワ君の後ろにご夫婦がつき、浜辺を散歩中の出来事でした。
高い位置からチワワ君に狙いを定めていたとんびは、急降下し鋭い爪で小さな身体を掴んだまま飛び去りました。
一瞬の事で、海に落とすことなく姿が消えました。
飼い主さんの様子はそれは読んでいてもつらかったです。

昨年保護され、預かりさんの下から巣立ったダックス君がいます。
里親さんの溺愛ぶりを綴ったブログは目を細め拝見していました。
でも、散歩のダックス君にはリードが無い日も多々あるのが気になっていました。
ある日、浜辺を散歩中のアップされた画像にはノーリードでいるダックス君が・・・。 

確率でいえばそう高くないかもしれないけど、お節介な私は黙ってませんでした。^^;
角が立たないように書き(書いたつもり)、ご丁寧なコメントを返してくれました。
でも、その後もノーリードで何度も海に出ていましたね。
 
コメントには、やはり「とんびがいる」と書いてるんです。
検索するといろいろ出てくるんですけどね。
実際に危険なめに遭わないと黄色信号が点灯しないのかもですね。
こうなると飼い主さんがどんなに悲しんだとしても心が動きませんが、
ワンコさんには悲しい出来事に遭ってほしくないですね(涙)

 

0.gif

 

 b-cube1g.gif 誘拐 

やじるし堂々と犯行してます。 バイクでひったくって行ったり、近くに車を止め連れ去ります

小型犬が圧倒的に多いです。 換金目的です。

 

0.gif



b-cube1g.gif 人間に怪我をさせ、被害者から「処刑」を言われた。・・・・その後、殺処分に。

やじるし人間に危害を与えたら命の抹消になります。

 

 

0.gif



今日(昨年12月)の読売新聞の気流版(投稿記事)に「公園での犬の散歩 引きひもをつけて」がありました。

 

近所の公園にノーリードで散歩をする人がいて困る。

小型犬でも1歳の子供にとっては猛獣サイズだ。

小さな子が犬に噛まれて大怪我をした話を聞くと、特に心配になる。

中には、結構大きな犬がいて、吠えながら走り回っていることもある。

(野放しの)注意書きがあるにもかかわらず、自由に走らせている飼い主のモラルを疑う。

通りでも、ひもをつけずに犬を連れている人がいて、おちおち子連れで散歩もできない状態だ。

犬を飼う人には、ぜひ注意していただきたい。

0.gif



「人間と犬」ばかりでなく 「犬と犬」同士の問題を多く目にしています。

長くなるので割愛しますが、犬が被害に遭う事件は本当に多いんです。

こうなると、我が子さえ大丈夫ならいいの~~の世界になっちゃうのかな?

想像力を養って他者(他犬も)を思いやってくれる人ばかりなら、「禁止事項」は増えないのにね。困り顔

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

関連記事
2010.01.18 | 危険なニュース |