20071220170113.jpg 
アニコム調べ  冷えに気をつけましょう!

 

 

 

ペット産業・市場ニュースさんより (抜粋)

 

 

 



アニコム調べ 本格的な冬が到来 

人と同様ペットも「冷え」が大敵更新

2009/12/09



アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長:小森伸昭)では、

アニコムクラブの「どうぶつ健康保障共済制度」の給付金請求データを基に、

ペットが冬季(12月-2月)にかかりやすい疾患についての調査を行った。

以下プレスリリース内容---------------------



  

冬季(12月-2月)に請求件数が増加する

傾向があることがわかりました。

いずれも夏季(6月-8月)の請求件数が最も少なく、

気温の低下に伴い請求件数が増加していき、

冬季に最も請求件数が多くなる結果となりました。これからの季節、

充分注意をして予防や早期発見に努めることが大切です。


 



【犬の場合】 ■ 冬季に特に注意すべき疾患と対策

ハテナpetit_an_c12どんな病気に注意すればいい?


A:筋骨格系の疾患に気をつけましょう。

関節炎椎間板ヘルニア膝蓋骨脱臼

などがあります。



ハテナpetit_an_c12なぜ冬に多くなるの?

A:冬季は気温の低下や気圧の変化などにより、ペットの体が冷えるため血行が悪くなり痛みを感じやすくなります



そのため、寒い時期には歩くことを嫌がる、足を痛がるなどの様子がみられ、「筋骨格系疾患」での通院が増加すると考えられます。



ハテナpetit_an_c12気をつけてあげることはなに?

A:常に風が当たる場所や、極端に寒い場所に長時間じっとしていることは避け、運動する際にも急に激しい運動をしないよう気を付けることが大切です。


お散歩前にマッサージやストレッチをしてあげることも効果的です。


また、人と同じようにグルコサミンやコンドロイチン硫酸を含むサプリメントがありますので、獣医師と相談のうえ症状の緩和や予防の一環として継続するのもよいでしょう

※コラーゲン2型も椎間板ヘルニアに良いです。


ハテナpetit_an_c12その他注意点


人と同様、ペットにとっても「冷え」は大敵です。   室内の温度管理に十分注意して疾患を予防してあげましょう。


犬の椎間板ヘルニア専門医ブログにも載っていますが、昼夜の「気温差」が大きくなる、10月~6月の梅雨の期間に、椎間板ヘルニアの発症が多くなります。 

シャンプー時の冷えにも注意してください。








【猫の場合】 ■ 冬季に特に注意すべき疾患と対策 

ハテナpetit_an_c12どんな病気に注意すればいい?

A:泌尿器の疾患に気をつけましょう膀胱炎腎・膀胱結石、尿石症、下部尿路疾患などがあります。



ハテナpetit_an_c12なぜ冬に多くなるの?


A:膀胱炎などの泌尿器疾患は、体質食事の種類細菌の尿路感染飲水量の低下、そしてそれらにより尿中に結晶ができやすくなることなどが原因となり発症するといわれています。



冬場は、寒さから水をあまり飲まなくなり尿量が減ることや、トイレが廊下や洗面所など少し寒い場所にあると排尿回数が減る場合があるなどの理由から、細菌感染が起きやすくなったり、尿中に結晶ができやくなる傾向がみられます。



ハテナpetit_an_c12気をつけてあげることはなに?


A:「飲みたいときに新鮮な水を飲める環境にする」、「排尿しやすい環境を作る」などに注意してあげましょう。


部屋や飲み水を暖かくする
ご飯をぬるま湯でふやかして水分補給を補助する、なども効果的です。




また、尿の色やにおい・量や回数の増減が気になる場合や、頻尿(頻繁におしっこにいくが実際の排尿量は少ない)、排尿時に痛がり鳴くなどの症状が見られる場合には、早めに動物病院へ通院し尿検査を受けることが大切です。

274ウインクする 


ハテナpetit_an_c12その他注意点

人と同様、ペットにとっても「冷え」は大敵です。室内の温度管理に十分注意して疾患を予防してあげましょう。






 

 ペット産業・市場ニュースさんにデーターが載っています。


※2004年4月1日から2008年3月31日の犬683,954頭、

猫67,631頭の1,895,102件の給付金請求データを集計。

関連記事