20071220170113.jpg 
ヘルニアや麻痺を持っている子が冷え厳禁の理由&びわの葉温灸

2009・12・9
アニコム調べ 冷えに気をつけましょう!で椎間板ヘルニアに冷えは大敵と書きました。



今日は、発症後の冷えはどうして気をつけねばならないかのお話です。


現在保護活動を休止していましたPure blessingさんに大切な注意点が書いてありました。
(活動を停止されていたのでひさびさ~の訪問でしたが、活動を再開されたようです)
転載させていただきます。m(_ _"m)ペコリ



line-96.gif



ヘルニアや麻痺を持っている子にとって、寒さは厳禁です。

神経が通っていないので、麻痺している箇所以下の、

自分の体が冷たくなっているかどうかが、自分で分からないんです。



冬は必ずマッサージ等をして、血行をよくしてやらなくては、

感覚が鈍っていくと、自分の体温が下がっているのが分からず、

寒い日の朝、そっと神様に召されていることがよくあったりするからです。



健康な子は、寒ければ自分であったかいところを選んで眠ることができますが、

麻痺を持っている子は、感覚がないため、

自分の体が冷えていることが分からないので、

寝ている間に、体温がどんどん下がっていき、

そのまま・・・という状態になることが多いんです。(詳細はヴィヴィのページにて)



line-96.gif


ヴィヴィちゃんのページより


腰を悪くしているワンちゃんは、冬になると、

自分で感覚のない箇所から下が、冷たくなっていることに気がつきません。

そのため、冬は、飼い主が必ずマッサージをしたりして、

体が必要以上に冷えないこと、筋肉が固まらないように気をつけなければいけません。

冷たくなっている体に気付かず、そのまま放置していると、

翌朝、冷えたまま、そっと神様に召されていた、ということになりかねないからです。



また、普段腰から下の筋肉を使わないため、上半身の筋肉が異常に発達します。

すると、自然と筋肉が硬くなっていくんです。

上半身のマッサージも飼い主が気をつけてやらなければいけないことです。

ヘルニアをもった子は、冬は寒さと冷えに十分に気を付けてください。


帰宅して、すぐにエルのハウスに必要以上の毛布を入れ、

ファンヒーターも、エルのサークルがある部屋に置きました。

ヘルニアを持っている子や、麻痺を持っている子は、

冬はどうぞ普段以上に気をつけてあげてください。


また、前足の筋肉が必要以上に発達しますから、同様にマッサージをしてあげて、

固くなりがちな筋肉をほぐしてあげてください。

ほんの少し、気を使ってあげるだけです。

とっても大事なことですから、怠らないようにしてあげてください。


line-96.gif




ヘルニア・サプリ関連ワードでここに来てくださる方が多く、

その文字は慣れることがなく、目に飛び込んでくると、

そのたびにドキンと胸が・・締めつけられるようにぎゅっーーて痛くなって、悲しくなります。



そうそう!

鍼治療もびわの葉温灸を併用して体を温めていますね。


http://homepage2.nifty.com/biwa-fukyukai/3423.htm

ツボ・・(↑の記事に犬猫のツボが出てきます)
とても興味があります。



このあいだ、テレビ番組で、瞬時に体を温める技なるものをやっていたんですね。

サーモグラフィで確認できるので、結果は一目瞭然。

体が冷え冷えの女性2人はあっという間に血の巡りが良くなって、赤色が占めていきます。

空のペットボルトをわきの下に挟むだけだったような・・・。

σ(^0^)私はキッチンに居て、だんなサンが観ていたんですが、

あとで確認してみます。

違っていたら手直ししておきます。^^;

わきの下のツボはなんでしょうね。

調べま~す。^^;


↓脇は脇でも、これは間違った例です。


m_12-480b5ダイエット犬







関連記事