20071220170113.jpg 
犬用アレルギースーツとジェントルアウター
動物愛護活動をできる環境じゃないのですが(涙)
でも気になって活動をされている方のブログにお邪魔するワタシ。


読んでてとても気になることがあるんです。  特に最近。


不実な人間に命を見切られたワンコが保健所から生還でき、
その子を望んだ里親の下で幸せな犬生を送っていく・・・・。


はずだったのに、「アトピーだから」「アレルギーだから」
と戻されてくる子を何度か見ました。


旅立つ前に獣医さんでしっかり検診しているので、実際はそうではないんですが・・・。
少し症状が見てとれるとあっさりと返される。
その子を看取る決心でないの~~???
決意に不信を抱きます。


いとも簡単に預かりさんの下に帰されるワンコたち。
またもや人間に裏切られたワンコたち。 
再度募集。
そんな人間と早い段階で縁が切れて良かったけど
もうね、読んでるだけでイライラ。


ワンコの心の傷が心配で・・。
そんなわけで昨日もイライラしてました。





m_image409027.gif 




line_dot01_350_03.gif


 



ワンコが痒がる姿は見ててもつらいものです。
ブログに一喜一憂しているワタシですが、
アレルギーのある仔に吉報 な情報を得ました!





それはワンコ用のアレルギースーツです。


書「はぐれ獣医純情派」でお馴染みのプリモ動物病院 相模原中央 院長の川野浩志 獣医師。 アレルギー性皮膚炎に羅患した犬にストレッチ性のある特殊な生地(Rycra:ライクラ)を使用した スーツを装着させることにより、人のマスクと同じような効果が期待できる アレルギー性皮膚炎の補助的な治療方法。








丈夫で伸縮性のある素材で作られており、小型犬から大型犬までのサイズが豊富に揃っており、 患部が蒸れることなく外敵から守ることができる。




ノーリードはやめてね(泣)


                                 


川野先生のブログに詳細が載っています。

「犬用アレルギースーツ」を特捜せよ!~バレーボールから学ぶ治療のセオリーとは?~



line_dot01_350_03.gif





もうひとつは大型犬の肘を守るアウターです。





犬の介護服 米国からお礼 前脚を保護して負担軽く  (中日新聞 2010年4月22日)



ブログでワンコの肘たこを見たことあるけど、便利なものがあるんですね

商品名は「ジェントルアウター


中型・大型犬は、体重がかなりあるために、
からだを横たえるときに肘がこすれ、肘に負担をかけます。 
その結果、硬い床で肘をこすることの多いわんちゃんは、
かなりの確率で肘に『肘たこ』を作ってしまいます。

肘たこができにくくなるように、肘部分を保護するアウターです。


5437208.jpg      
        
  












NoelGentleOuter.jpg 

気になる方はコチラで購入できます。




line_dot01_350_03.gif 


m_image5072646.gif
関連記事
2010.04.23 | 犬の病気 |