20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
お盆・・・蛾になって会いに来てくれたのかな?
pinkierain.gif



義父の新盆を迎える今年。
13日、旦那の郷里の新潟に家族全員で日帰りで行ってきました。
愛犬も長旅がんばってくれました。 img_1458557_61718817_4.gif 


img_1458557_58768724_01.gif



実家に着いて、仏壇の義父母とご先祖様にご挨拶を。
旦那→私の順でお線香をあげ、次の長男の番のときに、
私は1匹の小さな蛾が飛んでいるのに気づきました。
蛾は煙をあげるお線香付近で飛んでいます。



実親からは「法事ごとの時に現れる蛾は殺しちゃいけないよ。
亡くなった人の霊が蛾の姿を借りて来ているのだから」
と言われていたことは忘れてなくて、このタイミングで、傍で飛んでいるので
きっと喜んでくれてるんだね!とみんなでほっこりしたんですね。
蛾が現れた事はやっぱ不思議だけど、あぁ本当なんだ・・って思えて嬉しかった。




img_1458557_58861403_0.gif 




義父はまだ元気な頃は、
盆前に必ず、「いつ来る?」と2回は電話してきてたんですよ。
ふぃに埼玉まで遊びにも来たりね。
行けてよかった♪ icon_k_love1.gif


義母も喜んでくれたかな?


2年前、義母が亡くなった葬儀の晩に何人かが写真を撮っていたんですね。
いただいた室内の写真数点には白いオーヴがたっくさーん写っていました。
しかも、一番よく世話をしていた3番目の姉の周りにいっぱい出ていて。


実家でも経験があります。
お正月に兄弟家族全員で集まった写真にオーヴが出ていました。
亡き父が一番可愛がっていた姪の周りにいっぱい。
こう経験すると霊魂って本当にあるんだな~って私は思っています。


で、行動的な?亡父の話です。kic3.gif


唯一の女の子、兄のM美が可愛くて仕方なかった父は
M美の7歳の七五三のお祝いで実家に兄達が来た時、姿なきまま会いに来ました。


当時立派に成長したラブラドールのクロちゃんが居ました。
クロは山梨県の清里の山奥で親子で棄てられていたワンコでした。
幸いに拾われた子犬は姉らを通し、父の亡き数ヵ月後に東京の実家にやってきました。
推定2ヶ月。



当時は外で飼っていたクロでしたが、急にワンワン!ワンワン!と激しく吠えたそうです。
ピタと吠えが止んだかとおもうと、廊下のガラス戸がガラガラと開く音がしました。
誰か来た。
年季の入った実家のガラス戸はガラガラ音がよく響くんです。


兄が廊下に出てみると、ガラス戸は閉まっていて誰も居ません。
その場に居た母もお嫁さんも子ども達もみんな一様に開く音を聞いてるのだとか。
大人は父が会いに来た・・と解ったといいます。


「可愛がっているM美の着飾った姿を見にきたんだね」って。
またクロが先ほどではないですが吠えたそうで、父は帰ったのですよね!?
ちなみに、廊下のガラス戸の方面はちょうど父のお墓がある位置なんです。
歩いて2分もしない場所にあります。
(玄関の位置からではお墓の場所は見えません)



母が昼間ウトウトしてる時に2度父が現れた時も
そのガラス戸から消えていくと言います。
(その間も母はウトウト中)


最近読んだサイトに、亡くなった犬猫も人間の霊魂と同じように
姿を変えて会いにくる場合があると読みました。
その方は愛犬の葬儀の時に1匹の猫が足元に寄って来たそうです。
天国にいったばかりのあの仔が
猫さんの体を借りて甘えにきてくれたんだと抱き寄せたそうです。
私もそう思いました。


新盆のできごとはそれを読んだ数日後の事で、想いは重なりました。


ゆっくり休んでもらいたいから心配をかけないようにしないとね!



img_1458557_61200492_0.gif 


関連記事
2010.08.17 | その他 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。