20071220170113.jpg 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
 20071220170113.jpg 
命綱  -ノーリードで失った命-
ワンワンわんわん文字アリ



海で遊ぶワンコ。
場所柄がそうさせるのでしょうか、飼い主はノーリードにします。

ワタシは心配性すぎるからか、「もしなにか遭った時果たして守れるの?」とTVに流れる映像・ブログ記事にワンコの身が心配でハラハラしていました。(今もです)

海の事故は波打ち際が危険って聞いてるし。
ニュースでも「波打ち際で遊んでいた子が波にさらわれた・・」と何度耳にした事か。

浜辺を散歩中の悲しいワンコのお話は忘れる事ができません。
思い出す度チクチク胸が痛く、飼い主さんの憔悴の様子の記事が蘇ってきます。
飼い主と愛犬のための「命綱」であるリードをしていたら・・・って、見知らぬ方の出来事ですがとても悔しいのです。

それは・・・
楽しそうに散歩していたチワワちゃんはパパ・ママのすぐ目の前で、急降下してきたトンビにさらわれてしまったのです。
大きな爪でチワワちゃんを・・・。
あっというまに姿が見えなくなりました。
ノーリードでいたことを悔いています。

その後知ったのですが、ダックスちゃんも数ワンコ同じ目に遭ってるそうです。
小型犬は特に注意ですね。


散歩中、吠えた女性に紙袋で叩かれて驚き逃げてしまい飼い主さんの手からリードが離れる事態になり、現在も不明になっているダッックスのマウ君。(左サイドからブログにジャンプします)

街中で爆音が起こりびっくりしてショップから飛び出してしまったトイ・プードルのニコちゃんに奇跡は起こりませんでした。

ワタシの実家で今年の初め迷子のチワワちゃんを保護しました。
駆けつけ、チワワちゃんを抱っこするとブルブルブルブルすごく震えていました。
幸い警察に迷子の届けを出していたため私が警察を電話した時点で飼い主さんが判明し、3日ぶりにお家に帰えることができました。
息子さん宅の子を預かっていて、夕刊を取りに玄関を開けた時、その隙に脱走したそうです。
お家の中だとリードしないですよね~。
なので、首輪の必要性を感じました。

首輪といえば・・・
緩い首輪だったのでリードを引っ張ったらスポっと脱げてしまい・・・交通事故から危機一髪助かった子もいます。

以上、上に書いたケースは飼い主さんの注意で防げる出来事ですので、どうか後悔のないようにお互いに気をつけないと・・ですねっ。


PS

我が家の近所でもノーリードのワンコを見かけます。
悲しいかな注意できないぶん、どうかご無事で・・と祈るばかりです。




ワンワンわんわん文字アリ

関連記事
2009.07.29 | 危険なニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。