20071220170113.jpg 
スパニエル犬の耳垢。   耳に水をいれますか?
 

姉から聞いた話です。


近所のコッカー・スパニエルちゃんは、
耳の下が腫れ、ご飯を食べなくなりました。


飼い主さんはすぐさまへ行きます。



        本犬ではありません。キャバリアに似てますね。可愛い



掛かり付け医Aでの診察

   
原因は耳垢と判明。
   耳垢がラード状に溜まり、耳の奥で固まっていると。
   
   こうなると手術で取らないといけないとのこと。

   固まってしまった耳垢は敏感な場所に付着しているため、
   「神経を傷つける心配があり、手術は自分では無理」だと、
   高度医療で有名な○大の動物病院を飼い主さんに紹介しました。



○大の動物医療センターへ

   耳垢が原因であるとの見解はAと同じですが、耳垢の付着は片耳ではなく、
   左右の耳にみとめられ、 
  両耳 要手術

   示された費用は約100万円






   
   実は、飼い主さんはAで耳そうじの為毎月通院していました。
   耳が垂れている犬種の特徴を把握しているので十分に気をつけていたのです。
   思いもしなかった今回の出来事でした。ikari.gif
   
   A獣医は「耳垢」が原因と、どんな顔して飼い主さんに伝えたんでしょうね!?
   
   お手入れ直後~次回までの1ヶ月間で 
       ここまでなるハズないので手抜き仕事でしょう!
   愛犬に痛い思いをさせた上、手術にまで至ってしまったのですから酷い話です。
   聞いている私も怒りが沸いてきました。






サードオピニオンを求めて

   飼い主さんは動物病院の情報収集をご近所で始めました。
   すると、同じ区内に数年前に開院したB病院の評判が良く、
   診てもらいに行くことに。


サードオピニオンの診断

   やはり原因は同じでした。 ただ!

   手術は片方だけ でいい。 
   費用は14万円




結果とその後

   片耳だけを手術をしました。
   その後食欲も体調も回復し、退院した今は元の元気なスパニエルちゃんに




   
 
   無意味な余計な手術を回避できて良かったです!!
   
 
   100万円-14万円 =86万円
   Aはなにかあるとここの大学病院をすぐ紹介するとの事。

   
   A病院は検査好きらしいです。
   姉のワンコ達もAに行ってましたが、血液検査で肝臓の数値が若干高いと、
   「肝臓の数値が良くない。もう少し調べましょう」」と言われました。
   心臓病の我が仔のおびえを見て、「この仔はとてもビビリな性格で、検査が負担になります。
   だから検査はしないでいいです」と断わりました。

   その後にスパニエルちゃんの話を聞いたのでBへ切り替えたそうです。

   初診の時にAでの血液検査結果を見せ、肝臓のことを聞きました。
   「心臓の悪い子はこのくらいの数値が出たりするので、大丈夫ですよ~^^」
   と、それ以上の事はしませんでした。


   





A病院や○大では教えてくれなかった




   B獣医。

   「コッカー・スパニエルは、水の中に入って獲物を取るのを得意としていて、
   その最中に耳に水が入り、耳を振る事で耳垢を出していた。
   でも今は(ペット化で)水に入らなくなったからね。」

   シャワーした時は、頭から水をかけてあげてね。
   水が耳に入っても頭を振ることで耳掃除になっているので大丈夫とのこと。
   (あとは軽く水気を拭きとればOKとのこと)



 


そーいえば、クリーナーを耳に入れてクチュクチュしてますもんね。

私は耳に水をいれてはいけない。注意。・・と読んでいたので、
家でのジャンプーは頭部はすごーっ神経を使っていました。



応援している仔の里親さん記事に、
「シャンプーしたら耳にも水を入れて洗剤をちゃんと洗い流してあげてね」
と言われたと書いてありました。



相談BBSの回答を見てみたら、

・耳の鼓膜に穴が開いてるコは水を入れるのはNG
・耳よりも鼻に水が入っちゃう方が怖い
なんていうのもありました。(書くだけで調べなくてごめんなさい)



病院選びは難しいです。←経験あり

関連記事
2011.06.30 | 犬の病気 |